タニタが「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」に対応するツインスティックの開発プロジェクトを始動

タニタが「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」に対応するツインスティックの開発プロジェクトを始動

健康器具メーカーのタニタの谷田千里社長の趣味が高じて「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」に対応するツインスティックの開発プロジェクトを始動したと発表しました。

 

健康器具メーカーのタニタが15日、「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」に対応するツインスティックの開発プロジェクトを始動したと発表した。

バーチャロンは1995年にアーケード向けに第1作が発売されたロボット対戦ゲームで、以降、シリーズを通して熱狂的なファンに支持されている。その最新作となる、とある魔術の電脳戦機は、15日にPlayStation 4用に発売された。

バーチャロンはもともと、ツインスティックと呼ばれる2つの操縦桿を操作してプレイするスタイルとなっている。コンソール用にツインスティックコントローラがオプションで発売されたこともあるが、とある魔術の電脳戦機の開発を行なったセガゲームスの亙重郎氏によると、今回はさまざまな事情でコントローラの投入を断念したという。

そういったなか、タニタの谷田千里社長が、突如としてツインスティック開発プロジェクトの始動を発表した。谷田氏は、ゲーム業界という異業種への参入理由について、「ゲームで楽しく遊ぶことは健康につながる」としているが、氏が個人的にバーチャロンのファンということの方が大きいようだ。

セガゲームスとしてもこのプロジェクトに一定の協力を行なうが、亙氏は、部品をすべて1から開発しなければならず、かなりの時間とコストが掛かり、完成してもコアなファンを満足させる品質と、妥当な価格を実現するには、さまざまな障壁を乗り越える必要があるとしており、すぐ投入というわけにはいかなそうだ。

なお、谷田氏は今回の件をゲーム業界参入第1弾と呼んでおり、今後、ほかのゲーム関連製品の発表もあり得そうだ。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1106777.html

これ予約が全然入って無くて爆死がやべーと言われてるやつだろ。
採算度外視で趣味でやってるならいいけど…
社長と対戦したいわ
俺ライデンな
創業家社長の暴走始まったな。
一時期話題になったタニタ食堂とかいうのもヤバいらしいじゃん。

ボンボン息子社長のお遊びか
おめでてーな
つーかさ、普通のプレステパッドで充分じゃねぇの?
あれだってスティック2本にトリガー4個ついててそんな変わらねぇと思うんだが
好きなコントローラーを使えばええんやで。
君がそれで十分だというなら、それでええ。
世代によってはあの「2本のステック」というのは特別な意味を持ってるんだよ
初めて目にした時には己の目を疑ったね
こういうノリは嫌いじゃないけど開発担当は頭が痛いだろうな、ノウハウ無いし
ゲームマニアって訳じゃないけどバーチャロンはかなりハマった。独身で金使える時期だったんで360のホリスティックは2本買ったわ。結局なんか使用感に納得いかずアーケード筐体のスティック買って改造して繋げた。
最終的にヤフオクでフォース筐体入手したけど保管場所が確保出来ずバラして部品としてストックしたな。今でも実家の自室に大切に保管してある
セガとタニタって
ツイッターでシャープと一緒に慣れ合ってる
クソ公式共じゃん
生涯で唯一本気で窓から投げ捨てたクソゲーだわ
ロックオンするのにジャンプとかマジで意味わからん
バーチャロンはジャンプしたら自動で相手の方を向くというのが設計ミスだと思う
アレのせいで飛行にリスクがなさすぎた
ホリは何してるの?
数年前に箱○に移植された時にお高いスティック出してたのに
あの受注生産方式はあまり美味くなかったのかね
なんでタニタが?大人しく体重計でも作ってろ!
てかいい加減3Dプリンターで作れや
今更プロジェクト立ち上げって遅くね
ゲーム自体も売れてないっぽいしマニア向けに100台くらい作って終わりだろうな
一番に最初に作るのがゲームパッドじゃなくてツインスティックって難易度的高過ぎだけど大丈夫か?
金型捨てるってセガはどこまで馬鹿揃いになったんだ
金型って結構重い資産になるから
採算取れなくなった奴や作らなくなった奴はおいとくと金食い虫になって大変なんだぞ
ちょいちょい話題提供してくれるけど
上手く立ち回る堅い会社のイメージだな
この社長ポケゴのがち勢だったよな
単なるゲーマーじゃねーか
実際半分ぐらいは自分がツインスティックでこのゲーム遊びたいだけだと思う
初週5000本行ったら御の字だと思う

まぁコラボは良くやったよな
バーチャロンも禁書も新作出すには弱いけどニコイチでやっと売れるものになった感じ